FANDOM


</tr></tr></tr></tr>
ダーティハリー4
Sudden Impact
監督 クリント・イーストウッド
脚本 (原案)アール・E・スミス
(原案)チャールズ・E・ピアース<small />
ジョゼフ・スティンスン</td></tr>
製作 クリント・イーストウッド</td></tr>
製作総指揮 フリッツ・メイニーズ</td></tr>
出演者 クリント・イーストウッド
ソンドラ・ロック</td></tr>
音楽 ラロ・シフリン</td></tr>
撮影 ブルース・サーティーズ</td></tr>
編集 ジョー・コックス</td></tr>
配給 ワーナー・ブラザーズ</td></tr>
公開 1983年12月8日 アメリカ合衆国の旗</td></tr>
上映時間 117分</td></tr>
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国</td></tr>
言語 英語</td></tr>
興行収入 $67,642,693 アメリカ合衆国の旗</td></tr>
前作 ダーティハリー3</td></tr>
次作 ダーティハリー5</td></tr>
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  </td></tr>

</table> 『ダーティハリー4』(原題 Sudden Impact)は、1983年製作のアメリカ映画。『ダーティハリー』シリーズの4作目。ワーナー・ブラザーズ提供。

解説 編集

大ヒットシリーズ第四弾。イーストウッドが自ら監督を担当しシリーズ最大のヒットを飛ばした。本作の決め台詞「Go ahead, Make my day」は当時ロナルド・レーガン大統領が引用して話題になった。共演は、「ガントレット」で共演して以来、イーストウッドの愛人だったソンドラ・ロック

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

謎の殺人事件が発生。被害者の男は車の中で股間を銃で撃たれて死亡していた。 この事件の捜査を担当することになった、サンフランシスコ市警のダーティ・ハリーことハリー・キャラハン刑事は、日頃から強引な検挙でトラブルが多く、身内から疎まれていた。そこで、ほとぼりを冷ます意味もあって被害者の出身地サンポーロへの出張捜査を命じられる。ハリーは単身被害者の関係先に聞き込みを試みるが、その地でも同様手口の事件が発生してしまう。閉鎖的な田舎警察の署長はハリーの捜査に協力するどころか揉め事を持ち込んだのはハリー本人だとしてさっさと町を追い出そうとする。孤立するハリーはそんな中ジェニファーという女性と出会って恋仲になる。彼女には人知れず苦悩する重い過去があるようだった・・・

出演 編集

役名 俳優 日本語吹替
ハリー・キャラハン クリント・イーストウッド 山田康雄
ジェニファー・スペンサー ソンドラ・ロック 藤田淑子
ジャニングス署長 パット・ヒングル 宮川洋一
ブリッグズ ブラッドフォード・ディルマン 宮田光
ミック・パーキンズ ポール・ドレイク 千田光男
レイ・パーキンズ オードリー・J・ニーナン 沢田敏子
クルーガー ジャック・チボー 安田隆
ドネリー警部補 マイケル・キュリー 上田敏也
ホレース・キング アルバート・ポップウェル 郷里大輔
ベネット巡査 マーク・キールーン 鈴置洋孝
タイロン ウェンデル・ウェルマン 納谷六朗
プロデューサー:上田正人(TBS)、翻訳:木原たけし、演出:伊達康将、製作:東北新社、TBS

シリーズ作品 編集

関連項目編集


テンプレート:クリント・イーストウッド監督作品ar:الأثر المفاجئ (فيلم) ca:Impacte sobtat de:Dirty Harry kommt zurückes:Sudden Impact fi:Ratkaiseva isku fr:Le Retour de l'inspecteur Harry hu:Az igazság útja id:Sudden Impact it:Coraggio... fatti ammazzare no:Sudden Impact pl:Nagłe zderzenie pt:Sudden Impact ru:Неожиданный удар sv:Sudden Impact zh:撥雲見日

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。