FANDOM


</tr></tr></tr></tr>
ダーティハリー3
The Enforcer
監督 ジェームズ・ファーゴ
脚本 (原案)ゲイル・モーガン・ヒックマン
(原案)S.W.シュアー<small />
スターリング・シリファント
ディーン・リーズナー</td></tr>
製作 ロバート・デイリー</td></tr>
出演者 クリント・イーストウッド</td></tr>
音楽 ジェリー・フィールディング</td></tr>
撮影 チャールズ・W・ショート</td></tr>
編集 フェリス・ウェブスター</td></tr>
配給 ワーナー・ブラザーズ</td></tr>
公開 1976年12月22日 アメリカ合衆国の旗</td></tr>
上映時間 96分</td></tr>
製作国 アメリカ</td></tr>
言語 英語</td></tr>
興行収入 $46,236,000[1]</td></tr>
前作 ダーティハリー2</td></tr>
次作 ダーティハリー4</td></tr>
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  </td></tr>

</table> 『ダーティハリー3』(原題 The Enforcer)は、1976年製作のアメリカ映画。『ダーティハリー』シリーズの3作目。ワーナー・ブラザーズ提供。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

ある女性がガス会社のトラックをヒッチハイクした。女はとある崖の所へ車を誘導し、社員1人を残して小屋に入る。女が戻ってくるのを待つ社員であったが、見知らぬ男が突然背後からやってきて1人を刺殺。もう1人を散弾銃で射殺した。

一方、酒屋に押し入った強盗を例のごとく.44マグナムで片付けた、サンフランシスコ市警のダーティハリーことハリー・キャラハン刑事は、1万ドルを越す損害を出したことにより人事課へと移動を命ぜられる。警察官の刑事昇任試験で面接を担当したハリーは面接会場でケイト・ムーアという頼り無さそうな女性警官と出会う。

出演 編集

役名 俳優 日本語吹替
ハリー・キャラハン クリント・イーストウッド 山田康雄
ケイト・ムーア タイン・デイリー 戸田恵子
アル・ブレスラー ハリー・ガーディノ 田口計
マッケイ市警察本部長 ブラッドフォード・ディルマン 小林勝彦
フランク・ディジョルジョ ジョン・ミッチャム 今西正男
ボビー・マクスウェル デヴァレン・ブックウォルター 玄田哲章
サンフランシスコ市長 ジョン・クロウフォード 島宇志夫
ワンダ サマンサ・ドーン
ブチンスキー ロバート・F・ホイ 石丸博也
ミキ ジョセリン・ジョーンズ
ジョン神父 M・G・ケリー 若本紀昭
マーティン ニック・ペリグリノ
エド・ムスターファ アルバート・ポップウェル 渡部猛
演出:春日正伸、翻訳:進藤光太、調整:山田太平、効果:PAG、製作:日米通信社、配給:ワーナー・ブラザーズ

シリーズ作品 編集

関連項目 編集

注釈 編集

ar:المنفذ (فيلم)

de:Dirty Harry III – Der Unerbittlichees:The Enforcer (película de 1976) fi:Murskaaja fr:L'inspecteur ne renonce jamais hu:Az igazságosztó it:Cielo di piombo, ispettore Callaghan no:Dirty Harry tar hevn pl:Strażnik prawa pt:The Enforcer ru:Блюститель закона (фильм, 1976) sv:Hårdingen

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。